ミニバン

ヴェルファイアのモデルチェンジ情報と今後の予想!2018年のマイナーチェンジで大幅進化

更新日:

高級ミニバンとしてトヨタ自動車からは販売されているヴェルファイア。

そのアルファードがマイナーチェンジを行って後期型へと移行する。

新型アルファードの発売時期に関しては、2018年1月となる。

変更点としては、外観や内装デザインの変更からエンジン、燃費性能、先進安全装備等の変更がされる所だ。

次期ヴェルファイアで予想される変更点も含め、最新の新型ヴェルファイアのモデルチェンジ情報を今回お届けする。

ヴェルファイアの公式サイトはこちら

トヨタ 新型ヴェルファイア マイナーチェンジ情報

新型ヴェルファイアが2018年実施のマイナーチェンジで行変更点は以下の通りとなる。

  • 外観、内装デザインの変更
  • 衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」の最新モデル搭載
  • オートハイビームからアダプティブハイビームシステムへの変更
  • 3.5L V6エンジンの改良
  • シーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)搭載
  • ブラインドスポットモニター採用
  • その他、機能性充実化

新型ヴェルファイアのマイナーチェンジ情報について、それぞれについて詳しく見ていこう。

次期ヴェルファイアのフルモデルチェンジ情報を先に読むならこちら

新型ヴェルファイアの外観デザイン(エクステリア)の変更点について

画像は現行型

新型ヴェルファイアがマイナーチェンジで改良されると見られる外観デザイン。

その変更点に関しては、以下の内容が有力。

  • ヘッドライトの変更
  • フロントグリルデザインの改良
  • リアのテールライト(コンビランプ)の改良
  • 前後バンパーデザインの変更
  • 新アルミホイール採用

そしてさらに注目となるのがウインカーだ。

ボディカラーに関しては、ダークレッドマイカM、スティールブロンドM、グラファイトMの3つの新色が追加される見通しだ。

流れるウインカーことシーケンシャルターンランプ採用

新型ヴェルファイアがマイナーチェンジをした外観デザインには、流れるウインカーことLEDのシーケンシャルターンウインカー搭載がされることとなる。

かつては高級車の装備というイメージが強かったものの、トヨタ車ではC-HRやハリアーでもこのシーケンシャルターンランプが搭載され、ホンダだと軽自動車の新型N-BOXにも採用された現在注目の装備である。

フラグシップミニバンのヴェルファイアにもいよいよこのシーケンシャルウインカーが搭載されることとなったのだ。

新型ヴェルファイアの内装デザイン(インテリア)の変更点について

画像は現行型

内装デザイン(インテリア)は、マイナーチェンジによって、木目パネルの変更等による質感アップやシート変更などが行われる。

その他の内容としては、

  • セミアニリン本革から変更して、プレミアムナッパ革を採用(エグゼクティブラウンジグレード)
  • ホワイトレザーオプションをエアロタイプのエグゼクティブラウンジグレードに採用
  • ファブリックシートの表皮を変更
  • ファブリックと合皮コンビシート採用グレードに全面合皮シートを採用(V/ZA G/Z G/ZRグレード)
  • 2.5リッターモデルのみに助手席ロングスライドシートを採用

といったものとなる。

より高級なイメージを高めるためにも、変更点としては、インテリアパネルなどの加飾やメッキパーツの変更等も行われる可能性も。

また、インテリアカラーについても新しいものになる可能性が高い。

電動床下格納機能付サードシートに注目

新型ヴェルファイアには、3列目シートに「6:4分割・電動床下格納機能付サードシート」搭載が有力視されていることも取り上げておきたい。

この6:4分割・電動床下格納機能付サードシートは、エスティマに採用されている機能であり、「スイッチ一つで3列目シートを床下に左右別個に格納できる」という便利な機能となっている。

またシートを復帰させるときもボタン一つの操作で可能であり、男性だけでなく女性にとってはかなり利便性の高い装備と言える。

大きな荷物を載せる時などは特に活用できる機能となるだろう。

新型ヴェルファイア パワートレインを改善 ターボ搭載は見送り

2AR-FE

ヴェルファイアのパワートレインに関しては、

〇2.5リッター直列4気筒エンジン(ガソリン車)

〇2.5リッター直列4気筒エンジン+モーター(ハイブリッド車)

〇3.5リッター V型6気筒エンジン(ガソリン車)

という3つのモデルがラインアップされていた。

今回のマイナーチェンジでは、3.5リッター V型6気筒エンジンが「2GR-FE型」から「2GR-FKS型」の直噴仕様(アイドリングストップ機能有り)へと変更される。

また、トランスミッションは、MC前は6速ATだったが8速ATに変更となる。

エンジンスペックは、

  • 最大出力300PS(MC前から20PS向上)
  • 最大出力が36.8kgm(MC前から1.7kgm向上)

となり、マイチェン前よりも最大出力が20PS、最大出力が1.7kgmが向上している。

さらに、前輪ディスクブレーキには17インチが採用される(MC前より1インチ大きい)。

マイナーチェンジで新型ヴェルファイアに搭載が有力視されていた、ダウンサイジングターボエンジンである2.0L直4ターボエンジン(8AR-FTS型)は、残念ながら実現ならず。

8AR-FTS型の2.0リッター直4ターボエンジンと言えば、レクサスNXを皮切りに、クラウン、ハリアーと搭載されてきたエンジンだ。

<参考スペック>

・最高出力 170kW(231PS)/5200-5600rpm
・最大トルク 350Nm(35.7kgm)/1650-4000rpm
・トランスミッション 6速AT

ホンダのステップワゴンのようにミニバンにダウンサイジングターボエンジン(1.5L VTEC TURBOエンジン)搭載の例はあるが、ヴェルファイアのターボ搭載は今回搭載は見送られた。

2017年発売のノア・ヴォクシーのマイナーチェンジではパワートレイン、燃費性能ともに変化がなかっただけに3.5LのV6エンジンの改良があるだけマシと言えるだろう。

新型ヴェルファイアの燃費性能について

新型ヴェルファイアの燃費性能は、10.6~10.8km/lあたりに落ち着く見通しだ。

新型ヴェルファイアは次世代トヨタセーフティセンス搭載がポイントに

新型ヴェルファイアのマイナーチェンジの大きなポイントとなるのが、進化したトヨタセーフティセンスが搭載されることだ。

次世代トヨタセーフティセンスと巷では呼ばれており、日産自動車の自動運転技術として投入されているプロパイロットと同様の機能が搭載される見通しである。

これまでトヨタセーフティセンスPには、

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付)
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール

の機能が備わっていたが、次世代トヨタセーフティセンスでは以下の部分が加わる見込みだ。

  • 自動ブレーキが自転車検知対応(作動速度域 約10~80㎞/h)
  • 歩行者の検知が夜間でも対応可能
  • 自動ブレーキ速度低減量が(対車が40→60km/h)、(対歩行者30→40km/h)へと進化
  • 先行車発進告知機能追加
  • 車線維持機能追加
  • 道路標識の認識機能追加

これは、単眼カメラの精度向上によって実現したと見られる。

一番の注目ポイントは、レーンキープアシスト機能が加わり、車線からはみ出ないようにステアリングを制御してくれるようになるということだ。

トヨタの車線維持機能と言えば、新型レクサスLSに搭載された最新技術のLexus Safety System + Aの「レーントレーシングアシストLTA機能」が注目されたばかり。

Lexus Safety System + Aの機能一覧

ラグジュアリーミニバンのヴェルファイアにも同じような機能が追加され、それによって、日産自動車が売りにしているプロパイロットに対抗することが狙いと考えられる。

自動運転技術のプロパイロットとはこんな機能です

その他、変更点について

画像は現行型

他の変更内容に関しては、

  • ボディ剛性強化のために、ドア開口部に構造用接着剤を使用
  • ショックアブソーバー改良による調整
  • プライバシーガラスにスーパーUVカットを採用
  • フロントシートに送風機能を搭載
  • 2列目シートにマニュアル式のウォークイン機構をオプション設定
  • 電子ルームミラーを採用(エグゼクティブラウンジグレード以外はオプション設定)
  • ブラインドスポット機能搭載
  • リアクロストラフィック警報機能追加
  • インテリジェントパーキングアシスト2の精度向上
  • ITS Connect

といった機能性向上が図られることとなる。

マイナーチェンジ後の発売日と価格について

新型ヴェルファイアの発売日に関しては、2018年1月下旬に設定される見通し。

記者発表に関しては、2017年12月後半に行われる可能性が高い状況だ。

販売価格については、先進装備の搭載等によって10万円以上の価格アップが予想される。

次期ヴェルファイアのフルモデルチェンジ情報!予想できる変更点とは

3代目となる次期ヴェルファイアの変更点として予想できるのが以下の内容だ。

  • TNGAプラットフォーム採用。
  • ダイナミックフォースエンジンのターボモデル
  • 高速道路での自動レーンチェンジ機能

また、PHVやFCVの搭載といった可能性も予想できる。

そして、フルモデルチェンジの時期に関しては、2021年頃と予想する。

その理由は、

  • 現行ヴェルファイアがマイナーチェンジをしたのは3年スパンである(2015年発売、2018年改良)
  • 歴代アルファード、ヴェルファイアが、6~7年スパンでモデルチェンジしている

からだ。

ライバルの次期エルグランドは、高度な自動運転技術をアピールしてくる可能性が考えられるため、次期ヴェルファイアでも先進装備のさらなる充実化は課題となりそうだ。

ライバルのエルグランドの次期モデル情報はこちら

次期ヴェルファイアの外観デザインはFine-Comfort Rideがヒントか!?

プレミアムサルーンの新しいかたち」として、トヨタの未来のミニバンのコンセプトモデル「Fine-Comfort Ride」が東京モーターショー2017で公開された。

これが次期ヴェルファイアのヒントになる可能性は十分に考えられる。

トヨタの次世代ミニバン「Fine-Comfort Ride」の詳細

次期ヴェルファイアのパワートレインは・・・

2018年のマイナーチェンジモデルでは、ターボエンジンと共に、新型ヴェルファイアのハイブリッド車に新型エンジン搭載が期待されていた。

その新型エンジンとは、2017年7月にフルモデルチェンジした新型カムリハイブリッドに搭載されている直列4気筒2.5リッター直噴エンジンのダイナミックフォース(Dynamic Force Engine)だ。

【ダイナミックフォースエンジンの動画】

このダイナミックフォースエンジンは、トヨタの新しい車の設計思想「TNGA」に基づいた新世代エンジンということもあり、通常であればFMCする次期アルファードに搭載が順当な所。

次世代のヴェルファイアでは、このダイナミックフォースエンジンの技術投入に期待できそうだ。

次期ヴェルファイアは、新世代を担う高級ミニバンとして、先進装備+次世代パワートレインがテーマになると予想したい。


-ミニバン

Copyright© 自動車最新情報 AutomobileWIKI , 2017 All Rights Reserved.